ドイツ国産車あれこれ

ドイツと日本の共通点は色々ありますが、どちらも世界中に良質な車を輸出している国です。
フランスやイタリアの車のようにデザイン重視ではなく、
安全性や機能性を追求したドイツ車は、独特の地位を保っています。

ドイツは車社会で、通勤に車を使う人も結構おり、
乗っている車が、イコール社会的ステータスを表しています。

パトカーやタクシーにも採用され、年配の高級志向者に人気があるのは、何と言ってもメルセデス社。
一方スポーティーな印象から、より若い人の支持を集めているのは、BMW社で、
社用車(営業車ではなく、報酬の一部としてエグゼクティブ社員に貸与される)としても使われています。

庶民に人気なのは、価格帯の手ごろなフォルクスワーゲン。
フォルクスは「大衆の」、ワーゲンは「車両」という意味ですから、
まさに「大衆車」なのです。
悪名高いヒットラーですが、大衆がみんな車を持てるようにしようと彼が設立した会社で、
ここだけは評価に値します。

オペル社も大衆車を作っていますが、親会社GMの経営破たんなどもあり、
ドイツ国内の業績もぱっとしません。

アウディ社も大衆車からスタートしましたが、最近はその上のクラスを目指し、
BMWまでは手が届かない中級クラスというポジションを維持しています。

そして忘れてはならないのはポルシェ社。
世界一早い車を作る会社はメルセデス社と同じ、シュトュットガルトに本社を置き、
博物館も併設していますから、車が好きな方はぜひこの車の都を訪れてみてください。


シュトュットガルトのポルシェ博物館。オリジナルグッズが買えるショップも併設されていて、車ファンのお土産に最適