腸詰めだけじゃないドイツのソーセージあれこれ

日本で古くから各種の干物や漬物が考案され発展していったように、
ドイツでも食品保存のための塩漬け、砂糖漬け(ジャムなど)、酢漬け(ザワークラウトやニシンなど)などが
各家庭でも行われていました。

ドイツの北は北海とバルト海に少し面していますが、基本的に海の近くではないため、
主なたんぱく質の供給源は酪農です。
特に昔から豚の飼育が盛んなため、豚は頭から足まで一頭丸々食べられ、
お肉屋さんの資格取得には食肉加工が含まれています。

豚足料理はアイスバインが有名ですが、頭のついたままの食材が食卓に乗るのを嫌う人もいるため、
頭などはミンチにされることが多いようです。

塊肉は塩漬けや燻製にしてハムに、その他の肉や脂肪はソーセージに、
内臓はソーセージに混ぜられたり、レバーペーストになり、血液もゼラチン質で固まったものをソーセージにします。

地方ごとに使う香辛料などが異なり、一般的なスーパーマーケットで並ぶ
ソーセージやハムのパッケージだけでも数十の単位です。
お肉屋さんにいけば、工場で作られる量販品だけでなく、地場のものなども手に入ります。

ドイツ一おいしいと言われるチューリンゲン風ソーセージや、小指ほどのニュルンベルク風ソーセージは焼いて食べます。
大振りのフランクフルトソーセージやミュンヘンの白ソーセージは茹でて食べます。

これらのいわゆる腸詰め以外にも、直径10センチメートルほどの袋で作られ、
ハムのようにスライスしたものやペースト状のものもソーセージと言われるため、
一口にソーセージといっても、本当にたくさんの種類があります。

毎朝、毎晩の食事はもちろん、レストランでもファーストフードでも、
特に夏は庭でのBBQでも楽しまれる国民食なのです。


ミュンヘンの白ソーセージは甘い特別なからしをつけていただきます。