食べて、見て、買って!クリスマスマーケット三昧

クリスマスはドイツ人にとって一番大切な時期です。
元々つらい冬を乗り越えるための土着の冬至のお祭りを取り入れたのが
キリスト教のクリスマスの始まりと言われています。
美しくあたたかい夏が終わってしまうと、半年は暗くて寒い冬が続くため、
その真ん中ほどにあるクリスマスは、それまではクリスマスを楽しみに過ごし、
それ以降は少しずつ長くなる日に春を見出だし、耐えていくことになります。

ドイツ独特の催しであるクリスマスマーケットは、そんなクリスマスまでの
4週間の待降節(アドベント)を一層盛り上げます。

日没後は、人出も増え、イルミネーションに彩られた屋台が一層きらびやかになります。

多いのは焼きソーセージや、グリューワインと呼ばれるスパイスを利かせたホットワインなど飲食店。
寒い中でこそ、このホットワインのおいしさがしみじみ広がります。
クレープ、ワッフルなどのお店は夏祭りでも出ますが、この時期ならではなのは焼き栗の屋台です。

また、ツリーのためのクリスマス飾りや、ほのかに甘い香りがする蜜ろうで作られたキャンドルのお店、
きれいな色形の石鹸など、見るだけでも楽しくなってしまいます。

木工おもちゃの屋台なども出ますので、大人へも子どもへも、お土産を色々そろえるチャンスでもあります。


夕方から人出が増えてきます。懐中物にご注意を!