聖ニコラウスとサンタクロースは別人?!

ドイツの子どもたちは12月6日の聖ニコラウスの日の朝、
前日磨いていたブーツに小さなプレゼントをもらえます。
現在ではチョコレートなどのお菓子が主流ですが、昔はりんごやナッツなどだったそうです。

しかし、よい子にしていなかった子ども、靴を磨いていなかった子どもは、
プレゼントがもらえず、それどころかニコラウスの従者に鞭で打たれると言われています。

そして、12月24日のクリスマスイブの午後になると、
ドイツのサンタクロース(Weihnachtsmann直訳するとクリスマスマン)は袋をかついで、森から歩いてやってきます。

サンタクロースは子どもたちに1年間いい子にしていたか聞き、ニコラウス同様
悪い子だった場合は、鞭でぶたれたり、袋に入れられて連れていかれてしまうと言われています。

日本でいう「なまはげ」のようなもので、この時期の親の合言葉は
「いい子にしていないと、ニコラウスにぶたれるよ!」です。

「とは言っても、本当にぶたれることはないんでしょう?」とドイツ人に聞いたところ、
「私が子どもの頃は、ぶたれないまでも『ここがだめだった』と言いつけられた」
といっていました。でも最後にはプレゼントがもらえたそうです。

また、クリスマスマーケット、スーパーマーケットなどでも、
「12月6日聖ニコラウス来る!」などのポスターが貼られ、
司祭服を着たニコラウスからサンタクロース型のチョコレートなどがもらえます。


聖ニコラウスは聖人ですので、司祭服を着ています。

サンタクロース型のチョコレート、中身は空洞ですが、かなり食べでがあります